お部屋さがしから引越しまで

部屋さがしから引越しの流れ

STEPスケジュールを決める

部屋さがし~引越しまでの予定を立ててみましょう。
まず、引越しの日をある程度決めます。
引越し予定日から約1ヶ月程度さかのぼった日が、お部屋さがしのスタートの目安です。

STEP条件を整理する

家賃や間取り、設備、場所などの条件を決めます。
ただ、すべての条件を満たした物件はなかなか見つからない場合が多いので、優先順位も決めてきましょう。

STEP実際に物件をさがす

条件が決まったら、物件をさがします。インターネットや雑誌など、身近なものから情報収集できます。
どのくらいの家賃だと、どのくらいの条件(設備・場所など)の物件か、ある程度の家賃相場がわかってきます。
場合によっては、条件を再度検討する必要が出てきます。

STEP不動産会社へ行ってみる

ある程度の情報を得たら、次は不動産会社へ行きましょう。より詳しい情報が得られます。
不動産会社に行ったら、STEP2で決めた条件を伝えます。
インターネットや雑誌を見て、借りたい部屋がほぼ決まっている場合でも、一応条件は伝えましょう。
物件を取り扱うプロの目で見て、よりよい物件を紹介してくれるかもしれません。

STEP物件を下見する

入居後のトラブルをなくす為にも部屋の下見はしておきましょう。
下見は、1日2~3件を目安にします。
1日に多くの物件を見ると、混乱してどこが一番よかったか、整理しきれない場合があります。
注)新築工事の最中やまだ入居者が住んでいる場合は、部屋の中を見ることはできません。
物件の外観のみのご案内となります。

用意しておくと便利なもの

  • メジャー(採寸用)
  • 筆記用具

STEP入居を申し込む

もし気に入った物件が見つかったら、最初にしなければならないのは、入居したいという意思表示と、申し込みです。入居申込書の提出が無いと、原則的には物件を予約できません。
できれば部屋さがしの前に、ご両親など保証人となる方に、部屋をさがすことや条件を伝えておきましょう。
その後、家主と管理会社が入居申込書の内容を確認し、入居審査となります。入居審査の期間は早くて2~3日、長くて1週間程度です。

用意しておくとよいもの

  • 身分証(免許証・健康保険証・パスポートなど)
  • 大学の合格通知書
  • 外国人登録証明書(外国籍の方)

STEP重要事項説明・契約

入居審査のあとは、いよいよ契約です。契約前には、重要事項の説明を受け、その後契約となります。
重要事項と契約については宅地建物取引主任者が説明しますので、不明なところや心配なことは確認しましょう。
契約書は2通作成し、貸主と借主にそれぞれが記名・捺印し、1通づつ保管します。
契約金は基本的にこの後に支払います。

契約時の必要書類

連帯保証人なし(保証会社加入)
■共通

  • 住民票(入居者全員)
  • 身分証

■該当する場合に必要

  • 合格通知書
  • 外国人登録証明書
連帯保証人あり
■共通

  • 住民票(入居者全員)
  • 印鑑証明書
  • 身分証(入居者全員)

■該当する場合に必要

  • 合格通知書
  • 外国人登録証明書

※ペット飼育時には、ペットの写真など別途書類の準備が必要です。

STEP物件の引渡し

契約後は、入居の日に合わせて鍵を受け取ることが出来ます。まずは、室内に不備が無いか確認をしましょう。
気になることがあれば、早めに管理会社か家主へ知らせましょう。

STEP引越し方法を決める

契約が終わり、鍵を受け取ったら、引越しの作業や手続きをする必要があります。
引越しの作業については、荷物の量や物件までの距離によって、依頼する相手が変わってきます。
荷物が多いようなら引越し業者、少なければ宅配業者、比較的短距離なら家族や友人知人に頼むケースもあるようです。
引越し業者の手配については、(株)鈴木不動産でも承りますので、ご相談ください。

STEP引越しの準備をする

引っ越し作業を依頼する相手と引越しの日取りが決まったら、日程に合わせて荷造りをします。
荷物の量にもよりますが、できれば2週間ほど前から、余裕を持って始めましょう。
ただし、ふとんや掃除道具などは直前まで使用するので、当日に梱包したほうがいいでしょう。

STEP電気・ガス・水道・電話・郵便の手続き

入居開始日までに電気・ガス・水道の開栓手続きを済ませましょう。
それぞれの支社・営業所へ電話で連絡をします。
電気・ガスは入居日の2~3週間前、水道は4~5日前までが目安です。
電話を新設する場合は、1週間ほど前に「116」へ電話し、現住所・新住所・工事希望日を伝えます。
役所への転出届も、1週間程度前に行います。

STEP引越し当日~荷物の整理

引越し当日は、部屋の設備を再度チェックするほか、軽い掃除も必要になります。
引越し業者が荷物を運び入れたら、すこしずつ荷物を整理しましょう。

STEP引越し後の手続き

いよいよ新生活の始まりですが、引越し後にはいくつかの手続きが必要です。
転入届、国民健康保険、国民年金の手続きは、引越しから14日以内に新住所地の市区町村役場で行います。